Father's disease and miracles

最終更新: 3月11日


One day three weeks after taking Pranic Healing Level 1, my mother called me. "Dad coughed and coughed a lot of blood in his hands and was hospitalized !!”

A few years ago, he was diagnosed to have lung cancer at a medical checkup and continued treatment. He lived at home with a check-up every two months. I wondered if his health detoriated suddenly. The hospital is about an hour and a half drive from my place of residence, and I can't get there immediately. But I can do Pranic Healing! I tried basic healing.


In the evening, I received a follow-up report. The bleeding had not stopped, and if it does not stop, a tracheostomy may be required. I think there is something else that can be done with Pranic Healing. I called Kanae. Fortunately, she picked up the phone. She taught me how to do distant healing. I prayed and healed, envisioning how my father would get better.

That night, my mother, who was present at the hospital, called me. He was calm and the bleeding had stopped. He will be hospitalized for a while。


And next Saturday, I went to the hospital to visit my father. My father looked finer than I expected. When I asked, "What was the result of the test?" He said,"The doctor said no abnormality was found anywhere. I can leave the hospital." I was very surprised. I didn't think deeply because I was glad my father was fine.

He has been in good physical condition since then, and three years later, he visits the hospital only once every three months. Looking back on those days, Pranic Healing is amazing. Of course, I strongly thought, "I want to stop my father's bleeding." Regardless of whether I just took Level 1 or a remote location, if I followed the prescribed procedure, I could work on the other person's body and help healing. (Ayumi Y.)


* (Note) Pranic Healing does not deny medical treatment.

It is thought that healing can be promoted by using Pranic Healing while receiving necessary tests and treatments.



日本語原文:

父の病気と奇跡?


プラニック・ヒーリング®レベル1を受講して3週間ほど経った日曜日、実家の母から電話が入った。「お父さんが、咳き込んで両手にたくさん血を吐いて入院した!!」


父は数年前に検診で肺ガンが見つかり、治療を続けていた。2か月に1度の検診を受けながら自宅で生活していたのだが、急に悪化したのだろうかと思った。プラニック・ヒーリングを習ったばかりということもあり、とりあえず、基本のヒーリングを試みた。


夕方になり、続報が入る。まだ出血が止まらないこと、このまま止まらない場合は気管切開が必要になるかもしれないこと。(病院は私の居住地から車で1時間半くらいの所にあるが)私があわてて駆けつけると、父は自分の容体が重篤だと思ってしまうから来ないように、とも言われた。プラニック・ヒーリングで他にできることはないかと思い、加奈江先生に電話をする。幸いにも電話が通じた。初級者の私にもできる範囲で、相手が離れている場合に行う方法を教えてもらった。父が良くなる姿を思い描きながら、祈るような気持ちでヒーリングを行った。


その夜、病院で付き添っていた母から電話が入った。出血が止まったようで父は落ち着いている。検査のためにしばらく入院する、と。


そして、次の土曜日、父の入院する病院へ見舞いに行くと、思ったよりも元気そうな父の姿があった。「検査の結果はどうだったの?」と聞くと、「どこにも異常が見当たらないって言われたんだよ。もう、何もすることがないから、退院していいって。」家族は狐につままれたような気持ちだったが、父が元気なのが嬉しくて、深く考えることはしなかった。


その後も体調は安定していて、3年経った現在、通院の頻度も3カ月に1度となった。

当時を振り返って思うことは、プラニック・ヒーリングはすごいということである。「父の出血を止めたい」という強い思いはもちろんあったが、レベル1を受講しただけの私であっても、離れた場所であっても、決められた手順通りに行えば、身体に働き掛けることができ、治癒を助けることができたのだ。(Ayumi Y.)


※(注)プラニック・ヒーリングは、医療を否定するものではない。

必要な検査や治療を受けながら、プラニック・ヒーリングを併用することで、治癒を促進できると考えられている。

34回の閲覧

© 2018 by MCKS Pranic Healing Japan. Proudly created with Wix.com

  • facebook