Our Story /

​私たちの物語

​MCKSプラニックヒーリング®スクール​      /  MCKS Pranic Healing School

インハート瞑想が心や体の癒しのために有益であることから、2010年1月にツインハート瞑想会を開始しました。以来、満月に合わせて新潟市、新発田市、東京、山形などでツインハート瞑想会を開催し、北海道、京都など全国のクラスやイベントの中でもこの瞑想を行っています。その際に、参加された方の体調に合わせて腰痛、胃痛などに対しヒーリングを提供したり、身体のエクササイズやスーパーブレイン・ヨガをご紹介したりしています。

初のプラニックヒーリングのクラスは、2012年2月に新潟市で開催しました。新潟在住者を中心に、県外からの受講生も含む、主婦、子育て中のお母様などを含む一般の人々はもちろん、医師、看護師、療法士などの医療従事者、各種セラピスト、カウンセラーなど治療に関わる職種の方や、整体、気功、ヨガ、瞑想などを実践されている方、学生、食や農業、美容、福祉、教育、保育などに携わる方々がプラニックヒーリング®コースを受講されています。

もが自分自身や家庭において実践できる、身近で手軽なプラニックヒーリング®の普及と啓蒙を目標に、2013年10月「MCKSプラニックヒーリングスクール(MCKS Pranic Healing School)」を開校し、さらなる活動を進めていくこととなりました。目標とする対象者は、お子様やご家族の病気や不調に対処する補完療法として、あるいは、応急手当の方法として、また、リラクゼーションの手段として、プラーナ(prana、気)を使った治療法に興味のある方々です。同年スクールのウェブサイトを公開しました。

MCKSプラニックヒーリングスクール  ウェブサイト

http://pranichealing-school.info/

始者グランドマスターチョーコクスイの故郷フィリピンのマニラに位置する世界120ヶ国以上でプラニックヒーリングを広めるPranic Healing®本社Institute Inner Studies社と2014年7月にライセンス契約を結び、認定校として日本でのプラニックヒーリング®普及におけるオフィシャルな活動を展開することになりました。 世界120ヵ国以上で広まるプラニックヒーリング®の日本の拠点としてMCKSプラニックヒーリング・ジャパンによる対外的なやりとりも行いながら、スクールでは従来の教育活動をさらに充実させていくこととしました。

U.S.プラニックヒーリングセンター主催インストラクター会議が2015年5月米国カリフォルニア州アナハイムにて開催され、これにスクール代表が参加しました。この年より、マスタースティーヴン・コーによって更新された技術を従来の指導内容に加えることによって、より高度に完成したコースを提供できるようになりました。

快で実践的なマスターコーの指導法をさらに上級コースとしても日本に導入するべく、USプラニックヒーリングセンターの上級講師オークボ・ケイ(Kei Okubo 大久保敬)先生の上級プラニックヒーリング®クラスを2016年5月に台湾でスクール代表が受講し、7月にはケイ先生を招聘して上級プラニックヒーリング®を新潟市にて開催しました。また、この年の11月から東京でのレベル1クラスを開始しました。
 

ィリピン・マニラにおいて行われた2017年5月プラニックヒーリング創始30周年記念行事「第10回ワールド・プラニックヒーリング・コンベンション」にスクール代表が日本代表として参加しました。世界各国のプラニックヒーラーやインストラクターと交流し、プラニックヒーリング®普及における世界の取り組みを研修して日本に持ち帰りました。同年11月オークボ・ケイ先生による上級クラスを東京で開催し、全国各地からの生徒ににプラニックヒーリング®上級技術を提供しました。ブログを始めました。

MCKSプラニックヒーリング・ジャパン ブログ

http://pranichealing-japan.sblo.jp/

湾で行われたマスターコーのプラニック・クリスタル・ヒーリング®とアルハティック・ヨガ®のクラスに2018年7月日本の受講生と参加しました。10月にはオークボ・ケイ先生の上級プラニックヒーリングとプラニック・サイコセラピーのクラスを新潟開催しました。


ラーナ(prana)、気、生命エネルギーを扱う治療法は、気功、レイキ、手かざし療法、磁気療法、セラピューティック・タッチなど、数多く存在しています。プラニックヒーリング®の特色は、身体に触れないこと、エナジャイズする(energize=エネルギーを与える、"気"を流す)前にクレンズする(cleanse=浄化する)こと、色のプラーナを使ってヒーリングを強化できること、 そして他のヒーリングには珍しいエネルギー衛生学を学び実践するなど、包括的概念や治療法を含み、安全に効果的なヒーリングを行うことができるところにあります。 さらに、同じく気のエネルギーを扱う古代中国に伝わる鍼のように何百という鍼のツボに習熟する必要はなく、主要な11の鍼のツボ(チャクラ)といくつかの小さなツボ(マイナーチャクラ)について学べば十分なので、簡単で習得し易いとも言われています。また、プラニックヒーリング®を実践する時には、料理本のレシピを見ながら調理するように、教科書を開いてひとつひとつの指示に従っていくことによって、適切にプロトコルを実施できることも親しみやすい特長の一つと言えます。
 

ぜ、ヒーリングが起こるのかということについての基本原理や基本法則がプラニックヒーリング®においては、明確に示されています。そして、身に付けるべき基本技術が定式化されているので、2日間のクラスで理論を学び、基本技術を身に付け、すぐに実践することができます。受講生は、豊富なエクササイズによって、クラスの中で癒され、ヒーリングの効果を実感しながら学べることでしょう。


康に役立てていただけるのみならず、ビジネスや風水などに応用することにより物質的な豊かさや、人格形成、人間関係にも役立てることができます。つまり、この技術をうまく応用していくことが出来れば、人生のあらゆる面においてホリスティック(全体的、包括的)な豊かさを構築していくことが可能になります。さらには、瞑想やヨガによるスピリチュアルな成長に通じる道にも繋がっています。


し、健康、ヨガ、瞑想、豊かさ、ビジネス、風水、自己実現、スピリチュアルな学び等々、間口が広くさまざまなコースが用意されていること、世界中で実践する人々がいること、宗教、信仰、信条を問わないこと、教えの内容をむやみに受け取ることを避け、知的な評価、検証、実験を経た自分自身の結論を導き出す手法を用いていること、国や文化や言語を超えて地球全体、すべての人々やすべての存在の幸せ、健康、成功、霊性、豊かさ、繁栄を願う世界中の人々と繋がり、平和に貢献できることなどがプラニックヒーリング®の魅力と言えるでしょう。


際化の波によって、外国人や海外からの問い合わせも受けています。プラニックヒーリング®は世界共通であり世界各地にセンターがあります。そのため、海外からの受講生が日本でのワークショップに参加されるケースや、日本の生徒が海外旅行先のプラニックヒーリング®センターで開催される瞑想スケジュールを確認するなどのケースもあり、プラニックヒーリング®を通して、さまざまな国際交流の機会が設けられています。


び、癒し、繋がるヒーリングスクールとして、プラニックヒーリング®を通した教育的役割や、センターとしての機能の充実を目指しています。ワークショップの開催以外に、受講後の生徒(プラニックヒーラー)を対象としては、学んだ技術を使って日々の実践を継続し、さらにスキルアップしていただけるよう、定期的な復習会を頻繁に設定しています。また、他のコースへ進むことを望まれる方には各種コースや上級インストラクターの紹介、海外コース受講のアテンドやサポートも行っています。

© 2018 by MCKS Pranic Healing Japan. Proudly created with Wix.com

  • facebook